あくび光 動画

NTTドコモが新しい割引料金プランを発表しました。

これは「docomo with」というもので、新しくスマホを購入したら毎月1500円割引になるそうです。

これにより加入者数が増えるのか、そして売り上げがどうなるのか、注目が集まっています。

あくびコミュニケーションズでも

「あくびモバイル」

というサービスがあります。

これは「MVNO」と呼ばれるサービスです。

「格安スマホ」と一般的には呼ばれているものです。

「あくびモバイル」はドコモの回線を利用しています。

ですから安心してご利用頂けます。

そのうえ

スマートフォンだと「データ通信料 音声通話基本料金」が約60%ダウン

フィーチャーフォンだと「データ通信料3G 音声通話基本料金」が約50%ダウン

となります。

このように「あくびモバイル」は料金の節約が可能なのです。

あくびコミュニケーションズ株式会社の光コラボサービス「あくび光」ですが、

最近評判が良いです。

数多くのお客様にご契約頂き、ご利用頂いています。

私は結構、ネットで「あくび光」の評判を調べたりしています。

そうするとよくあるのが

「あくびネットという会社から電話が…」

「あくび光というプロバイダの電話…」

などの情報です。

正しくは

あくびコミュニケーションズ・・・会社

あくび光・・・光回線(光コラボサービス)

あくびネット・・・プロバイダ

です。

みんな「あくび」がつくという事もあり、混同されてしまいますね。

今後ともあくびコミュニケーションズを宜しくお願い致します。


NTTが決算で最高益

というニュースがありました。

その報道の中で「インターネット光回線の販売が延びた」

とありました。

やはり「光コラボ」という仕組みのおかげでしょうね。

「光コラボレーション」はNTTの「フレッツ光」を使用できるので

沢山の企業が光コラボに参加しています。

そして「自社の商品」としてフレッツ光の回線を沢山売っているのです。

ですから日本全国にどんどんフレッツ光の回線が広まっているのです。

そのフレッツ光をそのまま使える「あくび光」を宜しくお願いします。

光回線の工事は2つに分かれています。

①無派遣工事

②派遣工事

です。

「無派遣工事」は文字通り、作業員がご自宅に来ない工事です。

「派遣工事」は作業員がご自宅に訪問して工事します。

そして、「無派遣工事」のほうが工事料金(費用)が安いです。

ここがポイントですね。

「無派遣工事」になるかどうかは、光ファイバー回線の引き込み工事が既にされているかどうかです。

アパートやマンション側で既にひきこみ工事をして、準備が出来ている、という場合があるのです。

あなたの部屋が対応済みかどうかは「光コンセント」があるかどうかでわかります。

「光コンセント」を探してみてください。

ドコモが携帯端末などの販売方法を変えるというニュースがありました。

今までは「0円携帯」など、とにかく大量に販売していました。

その結果「大量解約」という結果になっていましたが、その方針を転換するようです。

これからは長期ユーザーを囲い込むという戦略になります。

ドコモ内部には、売り方についての意見があったようです。

このままの売り方でよいのか?という意見を受け、ついにドコモが売り方を変える方向に進みました。

高齢者や長期ユーザーに対してどのようなサービスを出してくるか、ドコモの今後のサービスに注目したいと思います。

あくび光などのインターネット回線の工事でよくあることを挙げます。

通常でしたら光回線の工事は30分程度で終わるのが一般的です。

しかし、ちょっとした事でスムーズには行かない事があります。

まずは建物などの問題で、隣の敷地や部屋に入らないと工事ができないという問題です。

その場合は当然、隣の建物や部屋の方に許可が必要です。

また市営住宅、URなどの場合は特別な申請が必要です。その申請をまず済ませることが必要です。

光回線(光ファイバー)が川などを通る場合は行政へ許可申請を出す必要があります。

結構時間がかかると聞いています。

設備系の問題としては、「配管がつまる」という問題。

ケーブルを部屋に通す配管があるのですが、既に電話回線などいろいろな配線が通っていて、光ファイバーの線を通る隙間がもうない場合があります。

そのような場合は新たに配管を通す必要があり、時間だけでなくユーザーの負担も増えます。

自分の家や部屋がどのような状態なのか、光回線に申し込む前に確認しておく必要がありますね。

あくび光などの「光インターネット回線」を自宅にひく時の工事についてです。

光回線でインターネットを始めたい方の多くが

「光回線の工事なんて大変そう、面倒」と考えていらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、光インターネット回線の工事は意外とかんたんなものなのです。

光回線につかう「通信ケーブル」は「光ファイバー」というものです。これが実際の線(通信ケーブル)です。

フレッツ光などの一般的な例ですと、ご自宅に工事担当者がお伺いします。

まずは光ファイバーを引き込みます。

そして部屋に専用端末を設置します。

光ファイバーを専用端末に繋げて完了です。

たったこれだけで光回線の工事は終わりです。

かかる時間もだいたい30分程度しかかかりません。

光回線に対する印象が少し変わったのではないでしょうか。

あくび光コラムです。

暇だったり、退屈だったり、そしてなによりも眠いと、あくびって出てしまいますよね。

そしてこのようなあくびの出る原因が、仕事や真面目な話に取り組む態度としてよろしくないものばかりなので、

「あくび=不真面目」という印象が強いです。

その為に「あくびを止めたい」という状況は誰にでもあるものです。

あくびを止める方法として、「深呼吸」というものがあります。

あくびって元々体内に酸素を取り込むという現象ですから、先に酸素を取り込んでしまう、ということです。

ですから仕事の会議や真面目な話に望む前にはしっかりと深呼吸してから始めることがポイントです。

先日ラジオを聞いていたら、若い女の子が黒電話について話をしていました。

スマホからの彼女達にとっては黒電話が新鮮なようで、ダイヤルを回すという動作が面白いのだそうです。

たしかに数字によってストロークが長かったり短かったり、と面白いかもしれません。

あまり昔で思い出せませんが、私が始めて黒電話をかけた当時は同様に楽しかったのだと思います。

それこそ、糸電話があったり、「電話」というものが珍しく、新しい文明、ガジェットで凄いものでしたね。

今のスマホは当時からしたら魔法のような高性能な機械ですが、昭和の家電の衝撃にはかないませんね。。

あくび光コラムです。

今はインターネットの光回線というのが当たり前になりましたが、

ほんの20年前は今とはかなり違う通信環境でした。

ポケベルがまだぎりぎりあった時代ですね。

ポケベルというものは呼び出しを目的として通信端末です。

初期のポケベルは端末に数字が表示されるもので、ユーザーの間でその数字の読み方が発明され広まっていました。

その暗号とも言うべき数字についての本まで出版されていました。

その後カタカナ、漢字と進化し表示されるようになり、メールのような使い方ができるようになりました。

そして2007年、10年前にサービスが停止されたという事です。

今となって考えるとかなり不便と思える訳ですが、携帯の無い(少ない、買えない)当時はこれでもかなり画期的でしたし、不便なら不便なりに上手く活用するユーザーの知恵があったように思えます。

また、そういう工夫やアイデアが、現在のスマホへの進化となったと思います。

あくび光コラムです。

光ファイバーとはどういうものでしょうか?

今回は光ファイバーについてです。

まず「光ファイバー」は英語で「Optical fiber」と書きます。

光ファイバーは電磁気の影響を受けないのだそうです。

そして高速の信号を長い距離に伝える事が可能なものとなっています。

光ファイバーの構造についてですが、

光ファイバーの構造は中心に「コア(core)」があり、そのまわりには「クラッド(clad)」があります。

それをさらに「被覆」が覆うと言う三重構造になっています。

コアとクラッドは「プラスチック」や「石英ガラス」でできています。

厳密にはコアとクラッドのみの状態を「光ファイバー」と呼ぶようです。

あくび光コラムです。

今回は光回線(光インターネット)の工事についてお話します。

あくび光に申し込んだ方で光回線をまだ引いていない方にとっては、「光回線の工事」については全くおわかりでないと思います。

そして、かなり難しく考えて不安になっていらっしゃるかもしれません。

まず、実際の回線には、「光ファイバー」という通信ケーブルを使用します。

「光回線」の「光」とは、光ファイバーのことなのです。

この、光ファイバーによって高速の通信が可能となっているのです。

実際の工事については

・光ファイバーの通信ケーブルをお客様の使用する部屋まで引き込む

・「ホームゲートウェイ」という機器を設置する

・ホームゲートウェイに光ファイバーの通信ケーブルを繋ぐ

これだけです。

「工事」といっても大掛かりなものではなく、一般的には30分程度で終わる作業なのです。