銅の回線から光回線へ

あくび光コラムです。インターネットは普及前の通信回線は、電話回線で、電話のみの利用でした。

回線は銅でできたメタル回線というものでした。

この線を家庭や会社に引き、電話の通話をしていました。

電話機は昔は手でダイヤルを回すダイヤル式でした。

よく「黒電話」と呼んでいるものです。

それが「プッシュ式」へと変わりました。プッシュフォンです。

そしてインターネットの利用が始まり、より速い回線として

「ISDN」や「ADSL」というものが登場しました。

インターネットの普及が広がり、技術も進化して「光回線」が登場しました。

光回線の線は「光ファイバー」でできています。

光回線ではインターネットも電話もTVも利用可能です。

こうして光回線は人々の暮らしに欠かせないものとなりました。

あくび光's Ownd

「あくび光's Ownd」はあくびコミュニケーションズのサービス「あくび光」のサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000