ポケベルについて

あくび光コラムです。

今はインターネットの光回線というのが当たり前になりましたが、

ほんの20年前は今とはかなり違う通信環境でした。

ポケベルがまだぎりぎりあった時代ですね。

ポケベルというものは呼び出しを目的として通信端末です。

初期のポケベルは端末に数字が表示されるもので、ユーザーの間でその数字の読み方が発明され広まっていました。

その暗号とも言うべき数字についての本まで出版されていました。

その後カタカナ、漢字と進化し表示されるようになり、メールのような使い方ができるようになりました。

そして2007年、10年前にサービスが停止されたという事です。

今となって考えるとかなり不便と思える訳ですが、携帯の無い(少ない、買えない)当時はこれでもかなり画期的でしたし、不便なら不便なりに上手く活用するユーザーの知恵があったように思えます。

また、そういう工夫やアイデアが、現在のスマホへの進化となったと思います。

あくび光's Ownd

「あくび光's Ownd」はあくびコミュニケーションズのサービス「あくび光」のサイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000