あくび光などの光回線工事でよくあること

あくび光などのインターネット回線の工事でよくあることを挙げます。

通常でしたら光回線の工事は30分程度で終わるのが一般的です。

しかし、ちょっとした事でスムーズには行かない事があります。

まずは建物などの問題で、隣の敷地や部屋に入らないと工事ができないという問題です。

その場合は当然、隣の建物や部屋の方に許可が必要です。

また市営住宅、URなどの場合は特別な申請が必要です。その申請をまず済ませることが必要です。

光回線(光ファイバー)が川などを通る場合は行政へ許可申請を出す必要があります。

結構時間がかかると聞いています。

設備系の問題としては、「配管がつまる」という問題。

ケーブルを部屋に通す配管があるのですが、既に電話回線などいろいろな配線が通っていて、光ファイバーの線を通る隙間がもうない場合があります。

そのような場合は新たに配管を通す必要があり、時間だけでなくユーザーの負担も増えます。

自分の家や部屋がどのような状態なのか、光回線に申し込む前に確認しておく必要がありますね。

0コメント

  • 1000 / 1000